活動報告

2019/8/7 サステイナビリティトークイベント「A talk about C’s」@鎌倉

フライヤー

8月7日、アパレル・食・出版、各業界のスペシャリストをお呼びし、サステイナビリティの先を考えるトークイベント「A talk about C’s」をVerve Coffee Roasters鎌倉雪ノ下店で開催。

急な告知にも関わらずたくさんの方に集まっていただき、大盛況のうちに終了しました!

あまりに濃い内容でここには書ききれませんが、写真とともに少しだけイベントの様子をご紹介します。

参加者の自己紹介

まずは参加者の自己紹介から。

StandartJapanのToshiさん

そしてご登壇いただいたスピーカー3人それぞれの活動紹介へ。

お一人目は、スペシャルティコーヒーマガジン「Standart Japan」のToshiさん。

パタゴニアジャパンの中西さん

お二人目は、「パタゴニア」の中西さん。

タソビの堀田幸作さん

最後は、「Tasobi」の堀田幸作さん。

クロストーク

後半は、ファシリテーターの「パタゴニア鎌倉店」の哲さん、Bring me Shonan代表の望月を交え、クロストークへと進んでいきました。

気候変動、海洋プラスチックごみetc… 自然破壊が世界的に加速している現在。

「一体自分に何ができるんだろう?」って思ってしまうと、傍観者になりやすい。

「地球環境」というと壮大すぎて、どこから手をつけたらいいかわからなくなってしまう。ハードルが高すぎる。

だから、完ぺきを目指さない!

例えば、自分が好きな興味のある領域でできることをする。それがコーヒーならコーヒー。

大事なことは、一人一人が意識を変え、行動していくこと!

参加してくださった方は、ぜひ周りの人たちにイベントの話をシェアしてみてください。そしてインスタやFacebookなど、SNSでも声を上げていきましょう!

今回参加できなかった方には、少しでもエッセンスが伝わっていれば嬉しいです。

スピーカー&ファシリテーターの5人

最後にスピーカー&ファシリテーター5人の集合写真。

この楽しげな感じがいいですよね!

ABOUT ME
bringmeshonan
日常にマイボトルを持参して使い捨てごみを減らそう!Bring me Shonanは、湘南のコーヒー屋で働くバリスタが立ち上げたボランティア団体です。カップ、蓋、ストロー、ペットボトルなどの使い捨てごみを減らすべく、様々な啓発活動に取り組んでいます。