活動報告

2019/6/12「コーヒーとプラスチック、そしてゴミ」@HafH長崎

フライヤー

6月12日、長崎にある「カリオモンズコーヒーロースター」の代表と一緒にトークイベントを行いました。

カリオモンズの伊藤さんは、コーヒー農園にも足繁く通っていて、カップからその情熱がとても伝わってくる珈琲屋さんです。環境問題にも近年力を注いでいらっしゃいます。

さまざまな方が環境問題に対してアプローチをしていますが、僕ら珈琲屋だからこそできる身近な人への距離が近いアプローチをさせていただきました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

. トークイベント「コーヒーとプラスチック」終了しました。 平日にも関わらずたくさんの方にご来場いただきました。 コーヒーに携わる人、コーヒーを飲む人、様々な分野の人たちを交え、コーヒーを取り巻く環境問題やそれに対しての各地での取り組み、そしてみんなで考えるこれから。 イベントが終わってもたくさんの話やアイディアが飛び交う会場となりました。 こういったイベントが長崎でも開催できたことをとても嬉しく思います。私たちコーヒー屋の立場から社会に働きかけれることはまだまだたくさんあるのだなと実感しました。 ご参加いただいた皆様、会場を提供してくださったHafHのみなさん、そして遠くからお越しいただいてご登壇いただいた望月さん、本当にありがとうございました!

KARIOMONS COFFEE ROASTER(@kariomons_coffee)がシェアした投稿 –

 

ABOUT ME
bringmeshonan
日常にマイボトルを持参して使い捨てごみを減らそう!Bring me Shonanは、湘南のコーヒー屋で働くバリスタが立ち上げたボランティア団体です。カップ、蓋、ストロー、ペットボトルなどの使い捨てごみを減らすべく、様々な啓発活動に取り組んでいます。