コラム

8月15日 終戦記念日

8月15日があと少しで終わろうとしていますが、Bring me Shonan代表のメッセージを再びお届けします。

 

一昨日コーヒーを飲みにきた友人が、突然亡くなってしまった。 とてもおおらかな人で、体は鍛えられ、大海を漕ぎ続けられる屈強な心を持ち、なにより笑顔の人だった。 友人の母や父の顔を通夜で見かけ、僕は涙が溢れてしまった。

こういう場面に立ち会うと、死んでほしくなかったという気持ちになってしまう。 認めたくない現実が立ち現れる。そう易々と死なんて受け入れられない。 そしてこんな独りよがりな思いに、僕は僕に怒りを覚えてしまった。やりきれない夜だった。

 

75年前戦争が終わったかもしれない。でも戦争時は親しい人の死に対し、悲しみや怒り、憎しみを抱く人がたくさん生まれた。

戦争が終わってからも自身と向き合い続ける日々があり、認めたくない現実と戦い続けたのはないだろうか。 終わった日は終わったわけじゃ決してなかったと思う。

どんどんと時間が過ぎ、語り手がいなくなり、ストーリーに複雑さがなくなって聞きやすい物語に変わっていく。そしていつか仕方がないとの一言でまた戦争が起きる。

いろんな思いに葛藤を抱きながらも、願わくば僕が過去から学び、今を感じ、考えられるよう、今年も平和を祈っています。

ABOUT ME
bringmeshonan
日常にマイボトルを持参して使い捨てごみを減らそう!Bring me Shonanは、湘南のコーヒー屋で働くバリスタが立ち上げたボランティア団体です。カップ、蓋、ストロー、ペットボトルなどの使い捨てごみを減らすべく、様々な啓発活動に取り組んでいます。