コラム

マトリックス最新作、コロナで無期限延期だってよ

マトリックス

こんばんは。Bring me ShonanのPRを担当しているRomyです。

突然ですが、代表のコラムを不定期で更新していきます!

記念すべき1回目は今週末に書くと言っていて…… 原稿を受け取ったのは日曜の夕方でした……

本当に、いつもこうやってギリギリに仕事を振ってくるんですよ(笑)

先ほど慌てて編集校正をし、なんとか日付が変わる前に更新したのでぜひお読みください。

2020年3月29日現在、世界中が大混乱に陥っているあの話題についてです!

マトリックス最新作、コロナで無期限延期だってよ

世界というものが何なのか僕自身に考えさせるきっかけとなったのは、マトリックスだったと思う。

まだうら若き20年前の僕は中学生で、社会と自分との距離感や、日々粛々と行われる、子どもには理解できない社会のルールというものに不満を溜め、子どもだから言える純粋で無謀な理論で大人たちを攻撃していた。

小学生のころはSF作品ものをよく読むような、そしてBack To The Futureのような未来が待っていると信じる少年で、年を重ねるごとに社会と自分の描く世界との乖離に辟易していた。

そんな中マトリックスという映画が現れた。

黒ずくめの長いコートを羽織ったキアヌリーブスが、雨にも関わらずグラサンをかけ、銃を片手にすんと立っている。「なんだこれ、よくわからないけどかっこいい!」と中学生男子だけに限らず男の子の心を鷲掴みにしていたと思う。

激しい銃撃戦やカンフーなどをベースとしたワイヤーアクション、みんなの記憶にもきっと残っている360度カメラが回転しながらの銃弾を避けるスローモーションシーン。

圧倒的なアクションシーンの連続だが、個人的に衝撃的だったのは、今までのダイハードのようなシンプルなものではなく、哲学的な問いが映画の中心に据えられていたということだ。

僕の心に植えつけられたのは、僕ら人間が夢の中にいるかもしれないということ、そして夢には基本的に気づけない、欲を満たしてしまうと人間は維持が難しいということだった。

あれから20年が経つけれど、相変わらず世界を全て認知することは人間にはできない。

視覚では見えないものが多すぎて
聴覚では聞こえない領域がありすぎて
触覚では触れられないものがありすぎて
思考では言葉で語れる範囲のことしかわからない。

僕らが夢の中にいないという証明もきっとまだできていないし、多様な問題が解決するどころか新しく起こり続けている。

そして今もコロナウイルスが世界に大きな影響をもたらしている。

経済は強制的にスローダウンさせられ、人々の欲望もブレーキをかけざるをえない。車の走る台数や満員電車も減り、観光地ではゴミが減っている。なんだかいいことづくめじゃないか。

僕らの大概の不安は、基本的に「生きていけるんだろうか」という点に収束する。もし食べるものや住む場所が保証されていた場合、各々の欲はあるけれど大きな不安に苛まれることはないだろう。

マトリックスで賢いAIが言っていた、「欲を満たしてしまうと人間は保てない」とはこういうことなんだろうなと最近感じている。

自らの欲に走り続けてしまい、自らの足では止まれないスピードを出してしまう。

気候変動や貧困、難民問題など問題は多種あるが、このコロナショックは僕らがこれからも生きていくのに必要なスピード感を指し示しているような気がしてならない。

「生きていけるだろうか」という先が見えない謎からくる不安は、僕らにときにヒステリー化やエスカレートした行動を引き起こしてしまう。けれど、本来謎や不安は「ためらい、考える」一間を置くためにあるなんじゃないかと僕は思っている。

まだ欲を満たすというベクトルが強いから、エスカレートした行動をしてしまう人も多いけれど、今はこの不安と向き合い、そして改めてどう生きていきたいかゆっくり考えるいいチャンスだろう。

まだ僕らが夢のなかにいないという証明はできていないし、もしかしたらAIに管理されているのかもしれない。けれど、昔の有名な哲学者は「わからないものには黙るしかない」って格言を残していた。

夢か夢じゃないかと考えるよりも。わからないものや未知のものが想像以上に溢れているこの世界で、自分の欲にとらわれず、世界の大きさに惑わされず、自ずと足が進む方向へ歩みを進めたら。それが自分にとっての世界の創造に繋がるはず。

そして多様な世界が生まれ、どの世界が正か誤かという考えが無駄に思える、そんな時代が訪れたら楽しそうだなと、雪が降る中ぬくぬくと部屋で考えていました。

 

Bring me Shonanの代表による1回目のコラム、いかがでしたか?

実は代表、マトリックスが無期限延期になったって知らなかったんですけどね(笑)!

私もこの記事をまとめるにあたってマトリックスを調べていたら、これを発見しました↓

皆さんはご存知でしたか??

 

また今後もおそらく不定期で、代表が語りたくなったときに突然コラムの更新があるかと思います。

ぜひお楽しみに!

ABOUT ME
bringmeshonan
日常にマイボトルを持参して使い捨てごみを減らそう!Bring me Shonanは、湘南のコーヒー屋で働くバリスタが立ち上げたボランティア団体です。カップ、蓋、ストロー、ペットボトルなどの使い捨てごみを減らすべく、様々な啓発活動に取り組んでいます。